お電話でのご相談も受付中

お電話でのご相談も受付中

0120-606-347

受付時間平日9:00~18:00

心から納得のいく転職を!
ユーザー満足度
異業種・同業種の転職者ともに、ご満足いただいております。

満足度94.2%(インターネットを利用したクローズ調査 20歳以上男女1,002人/2018年12月実施)

  • 無料カウンセリングから 就職まで親身にサポート
  • 転職後の支援も充実

大手ゼネコンの施工管理の仕事内容とは?ゼネコン以外での施工管理との違い

  • HOME>
  • コラム一覧>
  • 大手ゼネコンの施工管理の仕事内容とは?ゼネコン以外での施工管理との違い
2019-09-23
大手ゼネコンの施工管理の仕事内容とは?ゼネコン以外での施工管理との違い

大手建設会社の中には、「General Contractor」をもじって付けられた「ゼネコン」と呼ばれる大型の公共工事などを数多く引き受けられる総合力を持った企業があります。ゼネコンで施工管理に携わる人はどのような仕事をしているのでしょうか。下請けやハウスビルダーなどが中心となる一般建設業と比較すると、施工管理の仕事は変わってしまうのでしょうか。

■一般的な施工管理の仕事内容・施工管理の現状

まずは、大手・中小企業問わず建設会社において行われる施工管理の仕事について確認します。ここでは、施工管理の仕事内容や施工管理の業務に就く方法などについて説明していきます。

◇そもそも建設業界における「施工管理」とはどんな仕事なのか?

施工管理の仕事は、ある工事現場において決められた工期の中で、どのように進めていくか工程(スケジュール)を構築するほか、図面を見ながら採用すべき資材の検討や発注、作業員や重機の確保などを行う仕事です。

どんな工事においても工事のクオリティを保ちつつ、自社の利益を追求する必要があります。施工管理の仕事では、資材コストや作業員へ支払うための工賃を把握し、どのようにしたら利益が得られる仕事になるのかも追求しなければいけません。また、労災事故などが起こらないよう安全にも気配りをしなければいけません。

これらの仕事を「四大管理」といい、施工管理職の柱となっています。

工事現場で必要な「工程管理・品質管理・原価管理・安全管理」の4つを網羅するセクションを位置づけることができます。

◇施工管理の仕事に就くにはどうしたらいい?

施工管理の仕事は、建設会社に入社すれば就くことができます。工学部系出身者が優遇される傾向にありますが、未経験者や文系大学卒業者でも施工管理に携わることができます。CADの知識や建設業経理検定などのスキルは、仕事に就いてから身に着けることで仕事の幅が広がります。

また、監理技術者や専任技術者と呼ばれるいわゆる「現場監督」になるためには、建設業の業種における1級施工管理技術者の国家資格が必要になります。実務経験が必要になるため、未経験から受験資格を得るのは並大抵のものではありませんが、取得することで大きな工事の統括として動けるようになるほか、営業所などの拠点長として栄転できるメリットも生まれます。

◇女性の施工管理も増えてきている

平成26(2014)年に「けんせつ小町」という愛称が生まれ、建設業で働く女性を応援する動きが出来上がりました。これまで「ガテン系」といった言葉に代表される通り、建設業は男性メインの仕事といわれていましたが、女性の力を取り入れることで働きやすさの向上につながるとされています。

女性で重機オペレーターという人も見られますが、多くは施工管理の仕事でプロジェクトを担っています。特に施工管理の仕事は子育て中の時短勤務者などでもできる仕事です。こういった理由からも建設工事に携わる女性が増えています。

■大手ゼネコンの施工管理の仕事、長所と短所はどんなところにあるか?

大型の工事を中心に元請けとなる業者のことを「ゼネコン(General Contractor)」といいます。1社だけでは作業員などを回すことが難しいため、下請業者に一部工期を発注するほか、ゼネコン数社で共同企業体(JV)を立ち上げて大きな工事を引き受けることもあります。

大手ゼネコンで行う施工管理の仕事についてみていきましょう。

◇建設業界における大手ゼネコンが携わる範囲・担う役割

建設業界における大手ゼネコンは、大きな公共工事や企業が発注する大規模建設工事の統括といった立場にあります。元請企業として建築デザインや監理などを引き受け、工期やブロックごとに区切った建設工事を下請業者に割り振ります。下請業者に対しても大手ゼネコンに在籍する監理技術者がチェックを行い、工程通りに進んでいるかを確認していきます。また、現場の声を吸い上げて働きやすさや安全管理に役立てる仕事も担います。

一つのプロジェクトに対するリーダー企業としてまとめ上げる仕事というとわかりやすいかもしれません。

◇大手ゼネコンでの施工管理の仕事とは?

大手ゼネコンの行う施工管理の仕事は、工事の全体的な統括です。下請けの作業員が安心して働けるようすべてを準備する業務を担います。また、それぞれの下請業者が得意とする現場や工程を把握し、適材適所に配置するなどの業務も大手ゼネコンで働く施工管理職の仕事です。

何らかの事情で、工期が遅れそうになった場合のリカバリやリスケジュール作業のほか、重機の手配なども行いスムーズに作業ができるよう細やかにチェックを行います。

一つのプロジェクトを担う作業員は、いろいろな風土がある複数の会社の集まりです。いくつもの会社の集まりを一つにまとめ上げる作業ともいえるため、大手ゼネコンの施工管理職は多方面で奔走する仕事ともいわれるのです。

◇大手ゼネコンの施工管理の長所と短所

大手ゼネコンの施工管理の仕事には長所と短所があります。大企業のプラント工事やマンション建設、橋梁や鉄道、コンベンションホールというような官公庁が発注する大規模建設工事というような特殊な業務に携われる長所があります。

施工管理職としても経験値を上げることができるうえ、何らかの形で勤務先の名称がその建設物に残されるため、自分の自信にもつなげることができます。

また、最新工法や新しい素材を採用した資材などを使用できる機会が高くなります。常にアンテナを高く張り巡らせ、どのような形で建設工事に採用できるかといった思案も必要になりますが、パイオニアとして最新の工法を確立させる使命を担うことは、建設業界で働く人にとってとても名誉なことだといえます。

一方、出張や転勤が多いことは短所ととらえることができます。大手ゼネコンは全国に営業拠点を持っているため、施工管理などの技術者は出張や転勤が多くなります。工事現場への出張の場合、プロジェクトが終わるまで長期的な出張になる可能性も否めません。また、企業の規模によっては、海外転勤などの可能性もあります。もちろん、出張や転勤は昇進も視野に入るため、一概に短所と言い切ることはできません。

■ゼネコン以外での施工管理の仕事、大手ゼネコンと比べて何が違う?

地域の道路工事や小規模な建設工事が中心の「町の工務店」といった位置づけの業者や、新築住宅の建設を中心に行うハウスビルダーなども建設業者の一つです。規模を問わず建設工事には施工管理の業務が必要になります。こういったゼネコン以外の建設業者が行う施工管理の仕事は、大手ゼネコンが行う業務との違いはあるのでしょうか。

工事の規模を問わず、施工管理の業務は大手ゼネコンと同様「四大管理」が柱となります。ただ、積算などの業務と現場監督の業務を一人の施工管理技術者が一手に引き受けていることが多いことが挙げられます。また、下請けに出さず1社の作業で完結できる工事がほとんどです。

工期が短いものが中心で、会社の規模にもよりますが1ヶ月に5~20件の工事を受注するようなペースが一般的です。

◇長所や短所は?

長所としては、地域の公共工事を落札しやすい傾向にあることが挙げられます。また、施主と近い距離感で住宅建築ができるといったところも長所の一つとなるでしょう。また、ゼネコンが発注する工事の下請専門という業者も見られます。

ただし、施工管理技術者の国家資格を有している人が少なく、専任技術者の届け出をしている人が施工管理のすべてを担うことも多々見られます。こういった点は短所といえるでしょう。

また短時間で終わるような道路工事などは、1日に複数の現場で工事をしなければいけないというようなこともあり、移動や準備などが大掛かりになりやすいようです。

こういった長所や短所はありますが、下請けや公共工事などの仕事も多く、仕事が多いという点は大きな利点といえるでしょう。

■まとめ

大手ゼネコンの施工管理技術者は、大きなプロジェクトの統括といった位置づけで仕事をすることが中心となることや、転勤や出張が多いところが長所にも短所にもなりうることをお伝えしました。もちろん、小さな工務店やハウスビルダーといった建設業でも、施工管理の業務は必要で業務量は明らかに異なりますが、仕事の内容は変わりません。

もちろん、大手ゼネコンと中小の建設業どちらで働くことがよいかといった点では、その人のスキルや価値観によっても変わりますので、多方面での情報収集を欠かさず行うことをおすすめします。

ご希望のお仕事はみつかりましたか? お仕事探しはキャリアパートナーにご相談ください。

キャリアパートナーにご相談をいただくこと、ご希望の条件のしごとをお探ししたり、ご希望に添うように直接交渉することも可能です。
お一人おひとりにとって「こころから納得のいく転職」を実現するために、しっかりとサポートさせていただきます!

一人で探すよりも、スピーディー、
且つ好条件なマッチングを実現します。
  • 全国対応!
    対面での個別相談
  • 条件に合わなくても、
    交渉はお任せ!
  • エキスパートだから、
    ぴったりなお仕事を
    スピーディーに紹介!

キャリアパートナーに相談するエキスパートのサポートでとことん条件に合う仕事を探す 完全無料 今すぐ相談する