お電話でのご相談も受付中

お電話でのご相談も受付中

0120-606-347

受付時間平日9:00~18:00

心から納得のいく転職を!
ユーザー満足度
異業種・同業種の転職者ともに、ご満足いただいております。

満足度94.2%(インターネットを利用したクローズ調査 20歳以上男女1,002人/2018年12月実施)

  • 無料カウンセリングから 就職まで親身にサポート
  • 転職後の支援も充実

建設業の女性が少ない理由とは?女性を増やす取り組み&女性が活躍している業務

  • HOME>
  • コラム一覧>
  • 建設業の女性が少ない理由とは?女性を増やす取り組み&女性が活躍している業務
2020-11-12
建設業の女性が少ない理由とは?女性を増やす取り組み&女性が活躍している業務

「建設業は男性の仕事」というイメージが強く、女性の入職者はまだまだ少ないのが実情です。長らく男性社会だったこともあり、労働環境が女性に適応していないことが影響しています。しかし、人手不足が続く建設業において、女性を増やす取り組みが加速しつつあります。今回は、建設業で働く女性の労働環境、女性の入職者を増やす取り組み、女性が活躍している建設業の業種について解説していきます。

 

■建設業で働く女性を取り巻く環境

2015年の建設業における女性入職者の割合は全体で15%、2017年のデータでは、全体で19.4%と微増にとどまっています。

育休や産休などの環境が整っていない企業が多いうえに、女性活躍支援の取り組みをする予定がないという企業も未だに根強い状況です。その背景に、人手不足で代替要員の確保が難しいという根深い事情もあります。

女性用の更衣室や休憩室、トイレ、作業服などの設備面は改善されつつあります。しかし、工具や仮設材は、女性に適したものはあまり導入されていない状況です。

 

■建設業で働く女性に朗報!「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」の詳細

女性の入職者を増やす取り組みとは、官民で推進する「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」です。2014年に策定された、この計画の目的と目標、4本の柱となる具体的な取り組みを紹介します。

◇「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」の目的とは?

女性の技術者・技能者を5年以内に倍増させる目標のため、建設業が女性にとって活躍できる産業に生まれ変わることが計画の目的です。女性の入職者が増えることで、効率的かつ快適な職場環境の整備につながることが期待されています。

女性が建設業で働きたいと思ってもらえるよう、以下の取り組みの実施が計画に盛り込まれています。

◇女性の「入職促進」の取り組み

力仕事、男社会のイメージが根強い建設業に女性を呼び込むには、女性を積極的に受け入れる土台が必要です。しかし、産休や育休、セクハラ対応などが遅れている企業側では、女性の採用に消極的というケースも少なくありません。女性に慣れていない建設業において、女性の活躍推進の必要性を理解し、女性の受け入れ体制を整えることが入職促進の取り組みです。入職促進の具体的な取り組みは、以下のものが挙げられます。

・女性を受け入れる姿勢や熱意をメッセージで発信する
・女性活躍の理解度を高め、企業の受け入れ態勢を整える
・小中学生や高校生、大学生、保護者に対し、建設業の魅力、仕事のやりがいなどをPRする
・家庭との両立ができる労働環境の整備
・工事現場における女性の登用、技術・技能の向上

◇「就労継続」の取り組み

せっかく女性が入社したものの、退職してしまうケースは珍しくありません。就労継続の取り組みでは、女性用の更衣室やトイレなどのハード面、ライフイベントや家庭との両立が可能な長く働ける環境の整備を目指します。

長時間労働の短縮や適正な工期の設定といった時間面の改善や、ハラスメントの防止や特別扱いしない女性との接し方など、意識面の改革も取り組みに含まれています。

◇「更なる活躍とスキルアップ」の取り組み

女性にやりがいを持って働いてもらうため、現場で女性を積極的に登用し、女性が自発的にスキルアップできる環境を整えることも重要な取り組みの1つです。女性の技術や技能の向上を目指す研修制度や自己啓発、やりがいにつながる表彰制度などの取り組みを予定しています。

◇女性の活躍を発信する「情報発信」の取り組み

「建設業で女性が活躍中!」という情報を発信し、社会の目に触れる機会を増やすことで、建設業に興味を持ってもらうことが取り組みの趣旨です。建設業のポータルサイトや女性技術者が現場で活躍する姿を、新聞広告やCM、建設業のポータルサイト、インターネット配信などで世に広めます。

また、地方公共団体や建設業界などが、地域ぐるみで情報発信を行なうことも必要です。地域レベルで女性の活躍を支えることで、その情報が全国に広がり、やがて根付いていくことが期待されています。

 

■女性が活躍中!建設業のおもな業務

男性中心の建設業界ですが、女性が活躍している業務があることをご存じでしたか?そこで、実際に多くの女性が活躍する業種と、女性に向いているポイントを紹介します。

◇ CADオペレーター

CADオペレーターとは、設計者が作成した設計図を図面にデータ化する仕事です。建設業で数少ないデスクワーク、かつ女性が得意とする細かい作業が多いことから、多くの女性がCADオペレーターとして活躍しています。

また、CADオペレーターが女性に適しているもう1つの理由は、柔軟性のある働き方ができることでしょう。フルタイムの正社員や契約社員、派遣社員、アルバイトと、生活環境に応じた働き方を選べます。CADオペレーターは専門性の高い仕事のため、派遣社員やアルバイトも時給が高めという点もメリットといえます。また、高度なスキルが身に付けば、ゆくゆくは正社員で在宅勤務することも可能です。

◇施工管理

施工管理とは、建設現場の工程や原価、安全などを管理する業務のことです。工事を円滑に進めるために現場をまとめることが施工管理の仕事で、現場の巡回と作業員への指示、管理にともなう事務作業などを行ないます。施工管理では実際に施工に携わらないため、力仕事が苦手な女性でも働きやすい業務といえるでしょう。

そして、施工管理の仕事は作業員や設計者、施主、役所職員など、多くの関係者とのコミュニケーションが欠かせません。共感能力に優れている女性は、相手に共感する形でコミュニケーションをとるため、人間関係が円滑になるといわれています。また、女性目線・主婦目線を持っており、男性の施工管理者にはできない実用的な提案ができることも女性の強みといえるでしょう。

◇左官職人

壁などの仕上げや下地を整える左官職人は、繊細で丁寧な仕事が求められます。完成度が重視される左官職人は建設業で女性に向いている業務の1つで、実際に多くの女性が活躍しています。

左官の技術は数年かけて身に付けるため、代替要員がすぐに見つかることはほぼありません。そのため、女性のライフイベントや生活環境に対し、労働時間の調整や産休、職場復帰など企業が柔軟に対応する傾向にあります。また、左官職人の仕事は基本的に朝型で、繁忙期を除くと残業も多くありません。子育てや家事と両立しやすいことも、左官職人で活躍する女性が多い理由の1つです。

セメントを運んだり、ミキサーでかく拌したりといった力仕事や、1日中の立ち仕事で体力が必要ですが、左官のスキルは一生ものであり、左官職人を目指すことは大きな価値があるといえるでしょう。

 

■まとめ

建設業で働く女性の割合は約2割と、まだまだ少ないのが実情です。男性社会で形成されてきた建設業では、女性の採用に消極的な企業が未だに多い状況にあります。「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」の取り組みが進むにつれ、女性が働きやすい業種に変わっていくでしょう。

また、CADオペレーター、施工管理、左官職人の業種は、実際に多くの女性が活躍しています。女性ならではの丁寧さや共感性など、男性にはない特性で仕事が効率的、かつ円滑に進んでいます。しかし、「建設業に興味があるけど、本当に働けるか不安……」、と考える女性もいることでしょう。そんなときは、建設業に明るい現キャリのキャリアアドバイザーに、ぜひご相談ください。

 

キャリアパートナーへの相談は【こちら

ご希望のお仕事はみつかりましたか? お仕事探しはキャリアパートナーにご相談ください。

キャリアパートナーにご相談をいただくこと、ご希望の条件のしごとをお探ししたり、ご希望に添うように直接交渉することも可能です。
お一人おひとりにとって「こころから納得のいく転職」を実現するために、しっかりとサポートさせていただきます!

一人で探すよりも、スピーディー、
且つ好条件なマッチングを実現します。
  • 全国対応!
    対面での個別相談
  • 条件に合わなくても、
    交渉はお任せ!
  • エキスパートだから、
    ぴったりなお仕事を
    スピーディーに紹介!

キャリアパートナーに相談するエキスパートのサポートでとことん条件に合う仕事を探す 完全無料 今すぐ相談する