建設エンジニア・施工管理の転職・求人なら - ベスキャリ建設

電気工事施工管理技士とは?1級・2級の違いや電気施工管理の仕事内容を徹底解説!

電気工事施工管理技士とは?1級・2級の違いや電気施工管理の仕事内容を徹底解説!

私たちの生活に欠かせない「電気」。それを支える仕事の1つが電気工事施工管理技士の業務です。電気工事施工管理技士は「きつい仕事」といったイメージもありますが、実際のところはどのような業務をしているのでしょうか。この記事では電気工事施工管理技士の業務や年収、資格の取得方法などについて解説します。

●施工管理の求人情報を探す
> 建築施工管理   > 土木施工管理   > 電気施工管理     空調衛生施工管理

電気工事施工管理技士とは?

電気工事施工管理技士は、施工管理の仕事の中でも「電気工事」を専門に取り扱う国家資格です。一般住宅の電気配線工事からビルや商業施設といった大規模建設物の電気工事、鉄道や信号の電気設備など、「電気」にまつわるあらゆる電気工事に携わっています。
電気工事に関する施工計画を作成し、電気工事の現場を統括する仕事です。「4大管理」と呼ばれる工程管理、品質管理、安全管理、原価管理も担うほか、工事費の見積を出す積算業務やスケジュール調整なども行います。

電気工事施工管理技士の平均年収は500~700万円台です。学歴や実務経験、保有資格や勤務先の規模でも年収は大きく変わります。キャリアアップを望む場合は、1級の検定を受検して資格を取得し、国の公共工事や大型施設の建設を手掛けるゼネコンなどへ転職するのが一般的です。
現場では作業員の指導・管理なども行います。現場によっては夜間作業や悪天候での作業が発生することもあり、「きつい」と感じる業務もあるかもしれません。しかし責任が大きいだけに自身の裁量で各種調整を行うこともできます。

電気工事施工管理技士の1級と2級の違いとは?

1級電気施工管理技士と2級電気施工管理技士では主な業務内容は同じですが、扱える現場の規模が異なります。

・1級電気工事施工管理技士
「特定建設業」の営業所ごとに配置が義務づけられています。専任技術者・主任技術者・監理技術者として業務に携わります。特定建設業 としては「元請け」として案件を受注する業者であり、下請けに出す案件の代金が4,500万円以上(一式工事の場合は7,000万円)の場合に該当します。
したがって受注額が大きい公共工事やJV(ジョイントベンチャー:共同企業体)で電気施工管理の仕事に就くには、1級電気工事施工管理技士の資格を取得が必須です。なお、1級電気工事施工管理技士は、所定の条件や手続きを経ることで専任技術者や監理技術者資格を得ることができます。 

・2級電気工事施工管理技士
「一般建設業」の事業所に配置が義務づけられています。専任技術者・主任技術者として業務に携わります。一般建設業 とは下請けとしてだけ案件を受注するか、 元請けの場合も下請 けに出す案件の代金が4,500万円以下(一式工事の場合は7,000万円) の場合に該当します。
電気工事施工管理技士は、電気工事を行ううえで必須の資格です。また、電気工事を営む企業は、営業所ごとに電気工事施工管理技士を専任技術者として雇用または契約しなければ、建設業許可を受けることができません。

◇1級電気工事施工管理技士の特徴と取得方法

1級電気工事施工管理技士の試験は年に1回、毎年7月に第一次検定が行われます。第一次検定合格者は、毎年10月頃に行われる第二次検定の受検資格が得られます。第一次検定と第二次検定の2つの試験に合格することで、資格が得られます。

受検資格については、2023年度以前まで「学歴・実務経験」が求められていましたが、2024年度以降は試験実施年度に満19歳以上になる方なら誰でも第一次検定を受けることができるようになりました。なお第二次検定を受ける場合は、1級第一次検定合格者の場合なら「実務経験5年以上」「特定実務経験1年以上を含む実務経験を3年以上」「監理技術者補佐の実務経験1年以上」いずれかの実務経験が求められます。

また2級電気工事施工管理技術検定に合格している場合は、合格後5年以上の実務経験、または特定実務経験1年以上を含む実務経験3年以上があれば第二次検定を受けることができます。
合格率は、2023年度の第一次検定は40.6%、その合格者と第一次検定免除者が受けた第二次検定は53%です。

◇2級電気工事施工管理技士の特徴と取得方法

2級電気工事施工管理技士の試験は、6月(第一次検定のみ)・11月(一次のみ、一次・二次同時、二次のみ)の年2回行われます。一次・二次試験ともに合格することで資格が得られます。

2級電気工事施工管理技士の受験資格は、2024年度より改正されました。現在、第一次検定のみの場合は試験実施年度に満17歳以上であれば誰でも受験可能です。第二次検定は、「第一次検定合格後実務経験3年以上」「第一次検定合格後実務経験1年以上」「電気工事士試験または電気主任技術者試験の合格後または免状交付後、実務経験1年以上」のいずれかの条件を満たしていれば受検することができます。
合格率は、2023年度の2級電気工事施工管理技士(後期:二次)では43%となっています。

電気工事施工管理技士の仕事内容・できることとは?

次に電気工事施工管理技士の主な6つの業務と、どのような工事に携わることになるのかについて説明します。

◇工程管理

電気工事施工管理技士は電気工事全体を統括する立場にあるため、主な業務は管理業務となります。なかでも工程管理は、作業の進め方や作業員の確保、必要な重機の手配など、工期を守って現場での作業を進めるうえで重要な業務といえます。

下請け業者の選定や発注、工事資材の発注・管理のほか、工事工程表の作成・管理、電気施工図の作成、作業員への情報共有なども行います。作業を始める前の段取りや準備、施工が始まれば工程表通りに作業が進んでいるかなど、随時チェックすることも必要です。

◇品質管理

品質管理も電気工事施工管理技士の重要な業務の1つです。
電気工事施工管理技士が行う品質管理とは、電気設備に関するデザインや強度、寸法、材質、機能などが、設計図や仕様書にある規格や法律上定められた条件を満たしているかどうか、工程ごとに品質試験を行って確認し、電気設備の品質上の問題点や改善点を早期に発見するために行います。
このような試験は、長期的に設備の品質維持や工事を予定どおりに進めるうえで重要です。前工程の品質が悪ければ工事が途中で滞るケースもあるからです。
具体的な業務としては、品質を証明し、設計図や仕様書で定めた条件を満たしていることがわかる写真を工程ごとに撮影し、記録することになります。

◇安全管理 

安全管理も電気工事施工管理技士の業務の1つとなります。
電気関連設備の設置作業に携わる作業員が安全に作業できるよう、たとえば作業で使う脚立の点検や必要に応じて補助者を置くことの指示、夏場の作業の熱中症対策、感電防止策などの労働災害の防止策を適切に講じることが求められます。

◇原価管理

原価管理は、建設現場での人件費や材料費の原価を計算し、あらかじめ決められた予算内に収めるための重要な業務です。電気工事施工管理技士は、電気工事の見積を作成するほか、現場で発生する経費を予算と進捗状況を踏まえて把握し、予算との差異を随時確認していきます。予算との差異が生じた場合は状況を分析し、計画や工程を改善して適正な利益を確保することも原価管理において大切な業務です。

◇デスクワーク

電気工事施工管理技士は現場で行う業務以外にも、いわゆるデスクワークを多く求められます。プロジェクトの立ち上げにあっては必要に応じて施主との交渉やプレゼンテーションも行います。積算などの見積作成や発注業務、工事担当者との連絡・調整、役所などへの各種申請に必要な書類作成なども行います。

◇情報共有などの打ち合わせ業務

建設現場での電気施工を進めるにおいて、さまざまな関係者との情報共有も大切な業務の1つです。
発注者との連絡や打ち合わせのほか、作業員とは単なる連絡伝達だけではなく、随時コミュニケーションを取り、信頼関係を構築していくことも求められます。コミュニケーションが円滑に進めば、協力的な作業を進めることが可能になり、工期内で工事を完了できる可能性が高まります。

◇電気工事施工管理技士にできること

1級または2級電気工事施工管理技士を取得すると、照明設備工事・送配電線工事・発電設備工事・構内電気設備工事・信号設備工事・非常用電源設備工事・電車線工事といった、主に7種類の電気工事の設備管理を行うことができます。
照明設備や送配電線、非常用電源設備や発電設備などは一般的な住宅建築工事のこともあれば、大規模な商業施設などの電気工事の施工管理を行うこともあります。
信号設備工事や電車線工事などは、インフラに関わる工事です。鉄道電気設備専門の工事会社が行う場合が多いですが、関連企業に就職した場合には、電気工事施工管理技士であれば携わることができます。

まとめ

電気工事には「電気工事施工管理技士」の資格が欠かせません。現場での仕事だけでなくデスクワークなど業務が多岐にわたるため、「きつい」といったイメージもあるようですが、働き方改革なども進みつつあり、労働環境は改善しています。
また電気工事施工管理技士は電気施工図をつくるほか、各種手配を行う  など、電気工事全体を管理運営することができるやりがいのある仕事です。資格を取得することで、さまざまな現場で活躍することができるでしょう。

●施工管理の求人情報を探す
> 建築施工管理   > 土木施工管理   > 電気施工管理     空調衛生施工管理

おすすめ求人

求人探しはアドバイザーにご相談ください。

ご希望の求人が見つからない場合や、ご希望の条件で求人探しのサポートを
希望の方はアドバイザーにご相談ください。
サイトに公開されていない非公開求人のご相談も行っています。

アドバイザーに相談する

無料のメルマガで
求人情報をお届け!

新着求人や建設業界の最新情報など、
登録無料で情報をお届けします。